お肌の曲がり角を迎えた30代のためのこじわ対策のコツ

お肌の曲がり角を迎えた30代のためのこじわ対策のコツ

30代になるとなんとなく以前と肌が違うと感じる女性も多いのではないでしょうか。

 

触り心地、スキンケアアイテムの浸透具合など、いつもとなんとなく違う、そう感じた時は年齢肌のサインです。

 

30代はお肌の曲がり角とも言われる年代です。

 

肌のハリが急になくなったり、ツヤ感が失われたと感じる場面に突き当たることもあるでしょう。

 

そんな時に小じわ対策として30代女性ができることとはどんなことがあるでしょうか?

 

なんといってもスキンケア

 

まず第一にスキンケアをしっかり行うことが大切です。

 

30代スキンケア

稀に30代でもつるつるのお肌の女性を見かけますが、
そのような女性は20代からしっかりスキンケアや保湿を心がけていた女性です。

 

だから30代になってもつるつるの美肌でいることができるのですね。

 

恐らく紫外線対策も念入りに行っていたのでしょう。

 

でしたら、30代で小じわが出始めてきたという場合、どうケアしていけばよいのでしょうか?

 

まずスキンケアアイテムを見直しましょう。

 

小じわ対策を考えると、20代のアイテムはもう使えません。

 

ポイントとして覚えておきたいのは30代の肌に見合った成分を含んでいる化粧水、美容液を取り入れることです。

 

それだけで随分と肌の具合も違ってくるでしょう。

 

まずは新しいスキンケアアイテム選びを行いましょう。

 

 

浸透力を高める

 

また自分に見合ったアイテムが見つかったら、スキンケアアイテムをより効果的に使えるように、浸透力を高める使い方をしましょう。

 

コットン保湿力

何も難しいことではなく、人肌に温めて使うというものです。

 

コットンで使う場合はゆっくり肌にコットンを触れさせ、そのままゆっくり撫でるように使います。

 

そのうち人肌に温まってきますから浸透力もアップします。

 

手でつけるタイプの美容液は手でこすり合わせてから温めてじっくりピンポイントで浸透させましょう。

 

最後のクリームも同じく手でこすり合わせてから、ごしごしとつけるのではなく、ハンドプレスするようにしっとりと押し込むようにケアします。

 

これだけ手順を覚えておくと同じアイテムを使っていても全く違う効果が現れます。

 

オススメ記事ランキング

 

次のページへ≫