こじわ対策 UVケア

こじわ対策のためにUVケアが効果的?紫外線によるこじわとは

紫外線は小じわやしわの原因になると言われています。

 

しみになるとも言われていますが、しわの原因になるというのはどうしてなのでしょうか?

 

今後小じわができないためにも早くからのUVケアが必要です。

 

正しい紫外線の知識を身に着け、しわのない綺麗な素肌を保ちましょう。

 

 

 

しわの原因はA派

 

 

日焼け止めクリームなどによくPA+++などの表記を見ることがあるかと思いますが、
これは紫外線のA派に対しての防御指標です。

 

 

 

PAは肌が黒くなる、しみになってしまうものですが、A派はそれだけではなく肌の内部に入り込んでしまうという恐ろしいものでもあるのです。

 

肌内部に入ったA派は何をするかというと、
肌のハリを司っている弾性繊維というものを破壊してしまいます。

 

この弾性繊維を破壊されると肌にハリがなくなり、しわができてしまいます。

 

若い頃に紫外線を気にせず日焼け止めを塗らずにビーチで散々遊んでいた、という人は特に注意しなければなりません。

 

 

A派は窓ガラスもすり抜けるから自宅でもUVケアを

 

紫外線A派は窓ガラス、カーテンをもすり抜けてしまいます。

 

ですから室内で家事をするだけ、という専業主婦でも何もケアせずにいると肌ダメージを与えられてしまいます。

 

肌の奥底に蓄積された肌ダメージは年月をかけて表面に浮き上がり、しわを作ってしまいます。

 

できれば20代からしっかりUVケアをしておくことが効果的でしょう。

 

主婦でもベランダで洗濯物を干すだけでも紫外線にさらされることになりますから、UVケアは必須です。

 

今小じわができてしまっている、という女性でも、専業主婦で自宅にいるから大丈夫とは思わず、UVケアを毎日続けましょう。

 

日焼け止めクリームがなんとなく息苦しいと感じる人は、ファンデーションでも下地でも、UV機能のついたものがありますから、それを朝一番にはたいておくと安心できますね。

 

目安は日常の生活でPA+、長時間の外出ならPA++がベストだと言われています。

 

オススメ記事ランキング