マッサージやツボ押しによるこじわ対策の方法について

マッサージやツボ押しによるこじわ対策の方法について

小じわ対策にマッサージやツボ押しが効果的だということをご存知でしょうか?

 

肩こりや首コリなどに効果があるツボ押しやマッサージですが、実は小じわケアにも効果があるのです。

 

ではそのマッサージやツボ押しとはどのようなものなのでしょうか。

 

 

 

目元マッサージ方法

 

目元の小じわにアタックしてくれるマッサージは、あくまで優しく行います。

 

目元の皮膚は他の皮膚と比べてとても薄いと言われていますから、ぞんざいに扱うのはNGです。

 

たっぷりアイクリームを塗ってから行いましょう。

 

まず使うのは中指と薬指です。

 

目尻から始めて、ぐるっとしわを伸ばすように下まぶたを通って目頭へ、その後また上まぶたを通って目尻へリンパを流すようなイメージで行います。

 

回数として目安は3回から4回で良いでしょう。

 

さらに目をよく使う仕事をしている人であれば、目の緊張をほぐすために眉毛の終わりと目尻の2か所を同時にプッシュします。

 

その後、こめかみから頭頂部に髪の毛をかきあげるようにぐいっとひきあげると効果的です。

 

 

ツボ押しはどうしたらよい?

 

陽白(ようはく)というツボがありますが、しわ予防や眼精疲労に効果的です。

 

黒目から真上に上り、眉毛の2センチほど上にあるツボで、小さなくぼみがあります。

 

そこが陽白となるので、どの指でもよいのでワンプッシュしましょう。

 

瞳がシャッキリ、くっきりとします。

 

さらに有名なツボ、百会(ひゃくえ)ですが、頭頂部の中央にあるツボで、緊張を和らげてくれます。

 

頭皮のこわばりも緩和するので、眉間やおでこへの負担が減り、しわ予防になります。

 

天柱(てんちゅう)という後頭部、髪の毛の生え際両側にあるツボは頭痛時にも効果がありますが、おでこの筋肉ともつながっているので、顔の小じわ予防にも効果があります。

 

疲れた時に押しても気持ちいいツボなので、天柱を覚えておくと首コリや肩こりに良いでしょう。

 

このようにマッサージやツボ押しでも小じわ対策ができるので、スキンケアのついでにマッサージ、湯船につかりつつツボ押しなどしてみるとよいでしょう。

 

オススメ記事ランキング