シワがが目立たなくなるファンデーション

シワがが目立たなくなるファンデーションとは?その前にできる小じわ対策選び

ファンデーションには色々なタイプがあります。

 

パウダリー、練り状固形パウダー、リキッドファンデーションなど、多種類のファンデーションがあります。

 

その前に小じわを改善できる洗顔でベースを作って、ファンデーションを選ぶことで更に効果がアップします。
↓↓↓↓


 

リキッドファンデーションに勝るものはない

 

小じわを隠すなら、まずは下地を選びましょう。

 

保湿力が高く、溝を埋めてくれる下地がマスト条件となります。

 

今では潤い成分たっぷりの下地、美容液下地などといったようなものが販売されていますから、そのような下地を使うとなおよいでしょう。

 

またファンデーションはリキッドファンデーションに勝るものはないと思われます。

 

パウダーファンデーションも悪くはないのですが、時間が経つとどうしても小じわに亀裂が入ってしまいます。

 

美容液リキッドファンデーションというものが多く販売されていますが、下地と共に薄く肌にのばすことで自然と美容液効果が表れ、しっとりした肌を1日中保つことができます。

 

小じわは乾燥が原因のことが大きいです。

 

ですからしっとり肌を1日中保つことができれば小じわも目立たなくなるはずです。

 

その点で言えば、リキッドファンデーションで肌にツヤ感を出すのは最適だと言えます。

 

 

 

パウダーは保湿力のあるものを、ルースパウダーも必須

 

パウダーファンデーションをあえて選ぶのであれば、保湿力に優れたものを選びましょう。

 

粉末状になっているパウダーファンデーションは肌を乾燥させたり、皮脂を吸収してしわが目立ちそうなイメージもあります。

 

そのようなアイテムもありますが、機能性に優れたパウダーファンデーションは保湿力に優れているものもあり、厚塗りになりにくいので小じわ隠しに良いと言われています。

 

また、どちらのケースでもメイクの最後にルースパウダーを軽くはたいておくと、より良いでしょう。

 

ルースパウダーはあまりラメがキラキラしたものでなくても良いですが、多少光を反射してくれるものだと効果的です。

 

パウダーファンデーションにルースパウダーは必要ないだろうと思っている女性も多いでしょうが、実際はルースパウダーをはたいたほうがファンデーションのもちも良いです。

 

そのため、メイクの最後やお直しの際にはルースパウダーを使うようにしましょう

 

オススメ記事ランキング