二十年ほいっぷは敏感肌でも大丈夫?肌に優しい理由について

二十年ほいっぷは敏感肌でも大丈夫?肌に優しい理由について

敏感肌の方は、洗顔料を選ぶ際に使っても大丈夫かどうか、とても気にされると思います。

 

この記事では、二十年ほいっぷは敏感肌の方がつかっても大丈夫かどうかについて書いていきたいと思います。

 

 

敏感肌ってどんな状態?

 

まず、そもそも敏感肌とはどのような状態の肌であるかについて書きたいと思います。

 

敏感肌トラブル

敏感肌とは、肌を保護してくれるバリア機能の働きがうまく機能しなくなってしまうことにより、外からの刺激に無防備になってしまう状態の肌のことを言います。

 

そのため、敏感肌の人は普通肌の人と比べて、化粧品などを使った時に肌に異常が出てしまいやすいのです。

 

 

このバリア機能の働きがうまく機能しなくなってしまう大きな要因として、極度の乾燥が挙げられます。

 

乾燥肌の延長線上に、敏感肌があるともいわれています

 

 

 

二十年ほいっぷは敏感肌の人でも使えるの?

 

今回紹介する二十年ほいっぷは、敏感肌の方に是非使ってほしい洗顔料です。

 

理由は3つあります。

 

 

まず一つ目は、肌に優しい成分で作られているということです。
着色料、防腐剤、保存料など肌にとって刺激になりやすい成分は一切使用していないので安心です。

 

 

二つ目は、保湿成分が豊富に含まれていることです。

 

肌の角質層に潤いを届け、また保持する役割を持つホエイという成分の他にもプラセンタエキス、セリン、アラニン、グルタミン酸など保湿に効果的とされる成分が複数配合されています。

 

そのため敏感肌をつくる大きな原因でもある、乾燥を洗顔しながら防ぐ効果が期待できます。

 

最後に、高い洗浄力を持ち軽いお化粧であれば二十年ほいっぷで落とせることが挙げられます。

 

クレンジングは肌に強い刺激を与えてしまうため、敏感肌の方にとっては負担になってしまう場合も多いと思います。

 

しかしこの二十年ほいっぷは、二度洗いをすることで軽いお化粧ならとれてしまうためクレンジングをする必要がありません。

 

ウォータープルーフの化粧品やアイメイクなどは二十年ほいっぷでは落とせませんが、ウォータープルーフタイプでないファンデーションを使うなどすれば、クレンジングは目の周りだけなどでよくなるため、工夫次第でクレンジングによる肌の刺激を最小限に抑えることができます。

 

このように、二十年ほいっぷは敏感肌の方にも優しい洗顔料といえます。

 

二十年ほいっぷで小じわ、シミ、くすみ肌が改善