くすみのメカニズムを解明?二十年ほいっぷがくすみに良い効果理由

くすみのメカニズムを解明?二十年ほいっぷがくすみに良い理由

肌の悩みは人それぞれ様々あると思いますが、その中でもくすみに悩む方は多いと思います。

 

この記事では、二十年ほいっぷという洗顔料が何故くすみに良いのかについてご紹介したいと思います。

 

 

 

くすみがおこるメカニズム

 

まず、そもそもどうしてくすみが起きてしまうのか、そのメカニズムについてご紹介します。

 

くすみには、大きく2つの種類があります。

 

くすみの原因

一つ目は、肌表面に汚れが残っていることが原因で起きてしまうくすみです。

 

落としきれずに残ってしまったファンデーションや皮脂などの汚れは時間がたつと酸化により黒くなってしまいます。

 

その黒ずみによって、肌がくすんでいるように見えてしまうのです。

 

二つ目乾燥によって起きるくすみです。

 

肌が乾燥することによってターンオーバーが正常になされず、肌の角質が溜まってしまうことによって肌の透明感がなくなり、くすんでしまいます。

 

一つ目のくすみの原因、汚れを落とそうとすると洗浄力が高い洗顔料を使う必要があります。

 

しかし、肌に刺激を与えすぎると潤いが失われてしまい乾燥くすみを引き起こしてしまいます。

 

逆に乾燥によるくすみをどうにかしようと、潤い重視の洗顔料を使うと肌に残る汚れを落とすことができないため、汚れが原因のくすみができてしまいます。

 

 

二十年ホイップはどうアプローチできるか

 

どちらのくすみにもアプローチしてくれるのが、今回紹介する二十年ほいっぷです。

 

二十年ほいっぷは、北海道の石鹸職人が長い年月をかけて開発した手法で、肌表面のよごれによるくすみをとる石鹸と、かつ乾燥によるくすみをうまない石鹸を混ぜてつくられています。

 

職人技で作られた石鹸は、気泡が細かい泡をつくりだし汚れをしっかり取り除いてくれます。

 

さらに、肌の角質層に潤いを届けるホエイという成分も配合されているため、ターンオーバーを正常化させ、角質を薄くしてくれる働きも持っています。

 

そのため、どちらのタイプのくすみにもしっかりアプローチして、くすみのない美しい透明肌をつくってくれるのです。

 

二十年ほいっぷで小じわ、シミ、くすみ肌が改善