二十年ほいっぷ 効果

二十年ほいっぷの効果が高いのはなぜ?

くすみを取って美しい肌にしてくれると評判の二十年ほいっぷ。
この記事では、その効果の秘密についてご紹介します。

 



 

 

20年ホイップの効果が凄いのは北海道の石鹸職人がうんだ技

 

二十年ほいっぷは、北海道に住む石鹸職人さんが、二十年以上かけて生み出した手法で作られています。

 

なお、二十年ほいっぷという名称も、長い年月をかけて石鹸について研究をした末に、その素晴らしい製法を開発した石鹸職人の方に敬意をこめてつけられたのだそうです。

 

そのように長い時をかけて開発されたその製法は、釜練り製法と呼ばれています。

 

通常汚れによるくすみと乾燥によるくすみどちらも取り除くのは大変難しいのですが、この釜練り製法という手法によって、二種類のくすみへの深いアプローチが可能となり、くすみを取り除いてくれる二十年ほいっぷが誕生したのです。

 

 

20年ホイップの効果を高める釜練り製法とは

 

それでは、その釜練り製法とはどのようなものなのでしょうか。
もう少し詳しくご紹介します。

 

シンプルにいうと、釜練り製法とは洗浄力の強い石鹸と、保湿しながら洗顔できる石鹸を混ぜ合わせることに成功した製法といえます。

 

まず、釜練り製法では洗浄力の高いカリ石鹸と、保湿しながら洗顔できる石鹸を直火にかけて混ぜあわせます。

 

ここで驚きなのは、この工程を機械ではなく人の手で行っているということです。

 

機械で混ぜるとムラになってしまうため、人の手でゆっくりと時間をかけて混ぜ合わせていきます。

 

その後、泡に弾力をつけるための成分や、潤いを保つための成分などその他の材料を加えていきます。

 

この工程でも機械ではなく、人の手をつかって混ぜ合わせるのだそうです。

 

最後に自然冷却で石鹸をさまします。普通は機械などで急速に冷却をするのですが、
この釜練り製法ではゆっくりと時間をかけて自然冷却をするそうです。

 

釜練り製法はこのように、あまり効率的な作り方ではなく大変時間がかかるため、大量生産ができないという難点がありますが、職人技により潤いを保ちながら高い洗浄力をもつ洗顔料をつくることを実現させた手法なのです。

 

二十年ほいっぷで小じわ、シミ、くすみ肌が改善

 

≪前のページへ    次のページへ≫