二十年ほいっぷで美顔になる洗い方のコツってあるの?

二十年ほいっぷで美顔になる洗い方のコツってあるの?

効果の高い洗顔料を使ったとしても、誤った使い方をしたら効果は半減してしまいます。

 

この記事では、二十年ほいっぷをつかった洗顔のコツをご紹介します。

 

 

 

泡をつくる手順

 

まずは洗顔の肝となる泡の作り方のコツをご紹介します。

 

最初に、付属の泡立てネットを32度くらいのお湯で湿らせます。

 

その後、二十年ほいっぷを2グラムほど湿らせたネットの上に出し、ネットになじませます。

 

この時、泡をつぶすように乱暴にぎゅっぎゅっとつかむのではなく、ネットの上をくるくると手でなぞり、優しく泡をつくっていくのがポイントです。

 

20年ホイップの泡立て 

 

このとき、もし泡立ちが悪かった場合は水を数滴加えてください。

 

水を加えすぎると泡がふにゃふにゃになってしまうため、数滴で大丈夫です。

 

その後、さらに泡を育てていきます。

 

泡に空気を入れ込むことを意識してさらに泡を大きくしていきましょう。

 

最後に泡を手にとってみて、手のひらを逆さにしても泡が手にくっついたままの年度を保っていれば、きちんと泡ができています。

 

もし落ちてしまったら、もう少し泡立てるか二十年ほいっぷを多少加えて再チャレンジしましょう。

 

 

二十年ほいっぷをつかった洗顔の手順

 

濃密な泡が完成したら、今度はいよいよ洗顔にはいっていきます。

 

全体を通して、顔をごしごしこするのは絶対にやめましょう。

 

肌を傷つける原因となります。

 

まずはじめに、ぬるま湯で顔を洗いましょう。

 

水が冷たすぎると毛穴が開かず汚れが落ちにくいし、熱すぎると乾燥の原因となるため、必ずぬるま湯にしてください。

 

その後、泡をたっぷりとって顔に塗っていきます。

 

そして20秒から30秒ほどやさしく顔を洗います。

 

その後、ぬるま湯で泡をすすぎます。

 

もし顔に泡が残ってしまうと肌トラブルの原因となるため、絶対にすすぎ残しのないように気を付けましょう。

 

また、この時顔をごしごししてすすいでしまうと肌を傷つけてしまうため、すすぎ残しのないように、でも優しいタッチですすいであげましょう。

 

すすぎ終わったら、タオルで優しくふき取って、終了となります。

 

 

以上が二十年ほいっぷをつかった洗顔の仕方です。

 

泡をちゃんと泡立たせること、顔をごしごししないこと、すすぎ残しのないこと、ぬるま湯を使うことを主に注意していただきたいです。

 

二十年ほいっぷで小じわ、シミ、くすみ肌が改善

 

≪前のページへ    次のページへ≫